つぶやき

以下の文章は、かなり昔に何処かで見つけたのですが…

個人的にはとても影響を受けた文章なので、出来ればご一読頂ければ幸いです。

 

=============================

NCAA男子バスケットボール・ルール・コミッティー、Edward S,Steltz氏より
(有利・不利 ルールの基本的な考え方と原則)

バスケットボールの審判を観るにつけ、その善し悪しの鍵は有利不利の考え方に根ざすものだという思いを強くします。
私の知る限り優れた審判は皆、このフィロソフィーを実行しています。

よく審判としての基本的な考え方や原則についての質問を受けますが、根本は有利不利の判断基準を備えているかどうか、言い方を変えれば現実的な審判法であるかどうか、が問題です。
よりよい審判をするための指針として次のような原則があげられます。
これらはルールを言葉上だけで解釈するのではなく、有利不利の判断基準に基づいて判定することの必要性を反映しています。

審判は、ルール・コミッティーによって確立されたルールの精神と意図を十分に理解して初めて優れた笛が吹けます。
そしてそれはルールの言葉上の問題よりも有利不利の問題です。
以下に常々述べている重要なことをまとめます。

審判をするときの基本的な責務はできるだけゲームを止めずに進行させることです。
これはルールに反することがあったときに笛を吹くなという意味ではありません。
ルールの精神と意図に反しないような違反は取り上げるなということです。

私の前任者として NCAAルール・コミッティー委員長を務めていた Dr,John Bunn が約40年前に「Oswald Tower Philosophy」と呼ばれる名文句を残しています。
これは、ルール・コミッティーが審判に求められていることを非常にわかりやすく示しています。

【ルールの目的は不当な動作で相手プレイヤーを不利にしたプレイヤーを罰すること】

これは審判は常に、違反が起きたかどうかよりも、プレイへの影響があったかどうかということを基準にしなさいという、現実的な取り上げ方を示唆しています。
例えばルールでは手で相手に触れ続けることを禁じていますが、ボールをプレイしようとしてボールにかかっている相手の手に思わず触れてしまった場合でも違反でしょうか?
このルールを現実的に解釈せず条文通り判定すればゲームはファウルの続出となり、笛が鳴り続けるでしょう。
他のケースでも身体接触を相手への影響という観点から判定するのが優れた審判です。
相手に何ら不利益が生じないのなら現実的にはルール違反は起こっていないということです。
審判には他のルールと並んでこの原則をいかに適用するかの判断が求められます。

「Oswald Tower Philosophy」には次のような表現もあります。

【ルールは言葉上で解釈せず、プレイヤーの動作が相手プレイヤーに与えた影響に基づいて適用する。 ルール違反の結果、相手が不利益な影響を受けたら違反者は罰せられる。 反対にゲームの進行に何ら影響がない場合は取り上げない。 その動作は付随的なものであり、重要ではないので無視する。 現実には違反は起こっていないといえる】

私はバスケットボールだけでなく あらゆる種目のテクニカル・コミッティーがこの審判の基本的な考え方を土台にルールを解釈することが良いと思います。

このPhilosophyは審判がバスケットボールを総合的に理解していることを前提にしています。
審判は主催者から そのゲームの雰囲気や風土をも理解していると信じたからこそ任されたわけです。
優れた審判はこれまで述べてきた基本的な考え方に照らし合わせて状況に応じて円熟な判定を下します。

調査報告によればコーチの中にも審判の中にもゲーム中に取るに足らない細かなことを問題にし過ぎる人々がいます。
さほど重要とは思えない専門的な事の掘り起こしに多くの時間と労力がさかれます。
私の経験でも、ルール講習会や審判ミーティングの際に実際的な問題の議論を脇道へそらせ、人生で一度遭遇するかどうかというような特殊なケースの議論に夢中になる輩がいます。
多くの場合こういった人々は言葉で頭がいっぱいの厳密な文章解釈者で、自分自身の基準や判定に信念を持っていません。
これら少数の「甚だしい笛吹き屋」はゲームを高めるどころか壊してしまいます。
そしてこういった人々こそがゲームのあらゆる状況に対して細かな一字一句の条文をルールに求めてきます。
しかし、本当にバスケットボールに求められている審判と言うのは 有利不利の判断基準に立ち、人間味のある笛を吹く人々です。
大事なのはプレイヤーがルールの精神や意図に反したかどうかです。
バスケットボールのゲームの質は審判の質に左右されます。
良いゲームというのは有利不利の原則を判断基準にプレイの判定をされたものです。
そして笛を吹くか否かの判断はルールの精神と意図に沿って決められます。
この基本的な考え方に照らし合わせて審判をすれば、良いゲームが成り立つはずです。

=============================

バスケットボールを愛する審判達が集うBar!