審判の悩み事

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

No7965 の記事


■7965 / )  Re[1]: バックコートバイオレーション判定について
□投稿者/ 8年目のミニ監督 ベテラン(204回)-(2019/05/22(Wed) 22:22:29) [ID:Qp81eAbb]
    > バックコートバイオレーション判定についてよろしくお願いします

    こんばんは。
    2019競技規則の該当条文は以下の通りです。

    30-1-2
    以下の場合、ボールはルールに違反してバックコートに返ったことになる。
    フロントコートでライブのボールをコントロールしているチームのプレーヤーが、
    フロントコートで最後にボールに触れ、次にボールが、
    ・体の一部がバックコートに触れているそのチームのプレーヤーに最初に触れた場合
    あるいは、
    ・そのチームのバックコートに触れたあと、そのチームのプレーヤーに最初に触れた場合


    ということで、

    > 青チームがフロントコートでボールをコントロール中、パスミスによりバックコートへボールが転がってしまいました
    > その際
    > 白が触ってバックコートへ転がった場合は、青が保持してもバックコートバイオレーションではない

    →その通りです。

    > 青が触ってバックコートへ転がった場合は、バックコート内で青が保持した段階でバイオレーション成立、白フロントコートサイドラインからスローイン(エンドラインまで転がった場合はエンドラインから白のスローイン)

    →「保持」まで至らなくとも「触れた」時点でバイオレイションです。
     青のプレイヤーがボールに触れた場所(バイオレイションが成立した場所)に最も近い
     アウトから白チームのスローインとなります。

    > それとも、青が触っても触らなくても、バックコートへ転がった瞬間にバイオレーション成立 でしょうか?

    →転がっただけではプレイは継続です。
     白のプレイヤーが最初に触れればバイオレイションとはならないので、たとえば
     白のプレイヤーがボールに一瞬触れたがコントロールする前に青のプレイヤーが
     取り返した場合はそのままプレイは継続ですし、ショットクロックも当初の白の
     コントロールから継続して計り続けられています。

    以上です。
返信 削除キー/


Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -