審判の悩み事

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

No8020 の記事


■8020 / )  Re[3]: 2019ルールテスト133
□投稿者/ 8年目のミニ監督 ベテラン(210回)-(2019/07/12(Fri) 19:54:19) [ID:Qp81eAbb]
    >
    > こんにちは!
    >
    > このケースは日々勉強さんの認識で正解ではないでしょうか?
    >
    > 29条2-2は
    >
    > ボールをコントロールしているチームのファウルやバイオレーションの条文です
    >
    >
    > 基本は
    > --------
    > 29条2-6
    >
    > ボールが相手チームのバスケットのリングに触れたとき、ショットクロックは以下のとおりにリセットされる
    >
    > ・相手チームがボールをコントロールした場合は 24秒
    >
    > ・ボールがリングに触れる前にボールをコントロールしていたチームと同じチームがボールをコントロールした場合は 14秒
    > ---------
    >
    > これには、フロントorバックコートの縛りは無いと読めます
    >
    >
    >
    > まぁ
    >
    > ショットのボールをどちらかがコントロールする前に、バックコートでファウルがあったとしたら、ノーマルファウルではないでしょうが・・・
    >
    >
    > いかかでしょうか?
    >


    羽羽さん、大変ご無沙汰してます!

    すみません!
    まず、「29-2-2の原則に従い・・・」と書きましたが、29-2-1の誤りです(汗)。

    ボールをコントロールしていないチームのファウルの後のスローインの時のショットクロックの
    原則は、バックコートでは24秒、フロントコートでは継続若しくは14秒ということだと
    思います。
    ここから原則外のケースをいくつか規定するというのが規則の構造ではないでしょうか?

    ご指摘の29条2-6は、単純にリバウンドボールをコントロールしたケースだと思って
    いました。ですので、リバウンドボールをどちらの、チームもコントロールしないうちに
    ファウルが起こった場合については、今回の質問となっているインプリ29/50-27で
    規定されているのだと思います。

    そして、インプリ29/50-27は「ディフェンスプレーヤー側のバックコート」に限定されて
    いるので、ディフェンスプレーヤー側のフロントコートすなわちオフェンスプレーヤー側の
    バックコートでのファウルについては、規則(29-2-1)の原則に従って24秒リセット
    という理解をしていましたが、如何でしょうか?

    ただ、リバウンドボールが点々とオフェンスだった側のバックコートに転がり、その
    ボールの確保を巡って?ディフェンスだった側がファウルするというような、かなり
    レアなケースだと思いますが。。。
返信 削除キー/


Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -