審判の悩み事

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

120時間以内に投稿された新着記事


■7662 / )  Re[3]: 審判殴打後の処置について
□投稿者/ 桃豹の飼い主 一般人(1回)-(2018/06/19(Tue) 19:40:38) [ID:jSch9svc]
    No7658に返信(羽羽さんの記事)
    > 46条13
    >
    > 競技規則に示されていない、あらゆる事項に決定する権限を持つ

    >私も46条13の適用が試合を運営する上で審判の責任と権限を保障するものとして大切だと思っています。ただ、今回は試合の運営以上に大会の運営と言う意味で、審判の責任と権限を上回る大会運営者(バスケットボール協会や高体連等)の責任と権限を無視してはいけないと思います。極論とされていますが、地震やテロによる大会や試合の中断もしくは中止についても、審判より大会運営者の責任や権限が上回ると思いますが。

返信 削除キー/

■7661 / )  Re[2]: いくつか疑問点…
□投稿者/ 若葉マーク 一般人(10回)-(2018/06/19(Tue) 12:32:23) [ID:1oX0cqIy]
    No7654に返信(神奈川B級審判さんの記事)
    > ■No7653に返信(ゆうたんさんの記事)
    >
    > ゆうたんさん、ミニではなく一般的なルールの回答になります。
    >
    >>@フリースローで、バイオレーションを宣してサイドスローインになった場合、テーブルサイド・オポジットサイド等の指定はあるのか?
    >
    > 22-2 罰則
    > 別途規定がない限り、バックボードの裏側以外の場所で、違反が起こった場所からもっとも近い
    > 位置で相手チームにスローインが与えられる。
    >
    >
    > ですので、バイオレーションをしたシューターがいた位置に近いサイドからということになります。
    >
    > 大体シューターは真ん中からシュートするので、「どちらでもいい」が回答になると思います。
    >
    >
    >>Aプレイヤー負傷による交代はタイムアウトは必要なのか?また、負傷した選手は再びゲームに戻ることができるのか?
    >
    > 5-3 怪我をしたプレーヤーが速やかに(約15秒以内)プレーを継続できない場合、あるいは治療を受
    > ける場合、そのチームのコート上のプレーヤーの数が5人未満になってしまう場合を除いて、その
    > プレーヤーは交代をしなければならない。
    >
    > とあり、更に
    >
    > 5-7 怪我をしたプレーヤーや、出血をしたり傷口が開いているプレーヤーが、どちらかのチームに認
    > められたタイムアウト中に回復した場合、スコアラーの交代のブザーの前であれば、そのプレー
    > ヤーはプレーを続行することができる。
    > 【補足】 怪我をしたプレーヤーの交代を知らせるためにスコアラーがブザーを鳴らすよりも前にタ
    > イムアウトが認められ、そのタイムアウトの間に手当てが終わった場合を指す。
    >
    > となっておりますので、必ずしも必要ないというのが回答かと。
    >
    >
    >>Bテーブルオフィシャルズのタイマーはフリースロー時どのタイミングで手を上げるのか?【オフィシャルズ・マニュアルP242、タイマーの合図(ゲーム・クロックを止めるときあるいはゲーム・クロックを止めておくとき)】
    >
    > P234に
    > 2. タイマーは、ゲーム・クロックの操作と同時に次の動作を行う。
    > これらの動作は、タイム・イン、タイム・アウトの瞬間を周囲
    > にはっきりと示すための合図である。
    > (1) ゲーム・クロックを動かすときは、動かし始める瞬間に、上
    > げていた手のひらを握って下ろす。
    > (2) ゲーム・クロックを止めたときは、その瞬間に手を開いて頭
    > 上に上げる。
    >
    > とあるので、フリースロー中もずーっと上げているが正しいのではないでしょうか?
    > ※何かこれ変わった気もします(最後のフリースローの時だけ手を上げる?)
    > が、記載が見つかりませんでした。
    >
    その昔、バックコートノータッチの時代は
    フリースローでボールがリングに当たらない時は、両手をフリースローラインの延長線上に指して
    『さぁ!お好きな方へ!』って良くやりました。
返信 削除キー/

■7660 / )  Re[2]: 審判殴打後の処置について
□投稿者/ 師匠! 仙人(387回)-(2018/06/19(Tue) 00:05:23) [ID:uEsv7mpq]

    >
    >
    > まず、インターハイ予選ではありません。お間違い無く。
    >
    >
    >
    > 本題ですが、
    >
    >
    > 競技規則によって裁かれないといけない、
    >
    > そんなこと、わかってますよ、
    > 審判団も、本部も。
    >
    >
    >
    >
    > 没収試合とした処置に違和感、ですか。
    >
    >
    > コートは血まみれ、警察、救急車が駆けつけ、
    >
    > 会場は騒然。
    >
    >
    > 試合を再スタートさせることに、逆に違和感しかないですよ。
    >
    >
    >
    > スポーツだから、
    >
    > ルールだから、
    >
    >
    > わかってます。そんなこと。
    >
    >
    >
    > 道徳って、知ってますか?
    >
    >


    被害を受けた側のチーム関係者の方でしょうか?


    そうであれ そうでなくても お気持ち・考え方は理解いたします。



    とはいえ この部屋は バスケットボールのルールを 理論上であれ 実際に見聞きしたケースなどをもとに

    今後の審判活動の糧とすべく 意見交換をする 大人の社交場として開放しているスペースです。


    会場にいた関係者に対しては 多少不謹慎な問いかけであったかもしれませんが…


    今回の処置に対する疑問が湧く事自体は 問題意識として大切なことだと思ってます。


    その部分に関しては 何卒ご理解ください。



    その上で 私の見解は 【羽羽様】のコメントと ほぼほぼ同じです・


    私が酒を作っている間の 抜け駆け的なコメントではありますが…(笑)







    話は変わりますが…


    どんな経緯だったのかはわかりませんが…


    チームの主力を テクニカルファールで 5個目のファールとしてFalloutさせるゲーム管理も ちょっとどうなのかな?


    と 聞いた話をもとに思っているのですが 実際はどうだったんでしょうか?

返信 削除キー/

■7659 / )  Re[3]: 審判殴打後の処置について
□投稿者/ 師匠! 仙人(386回)-(2018/06/18(Mon) 23:54:53) [ID:uEsv7mpq]
    No7658に返信(羽羽さんの記事)
    >>
    >>まず、インターハイ予選ではありません。お間違い無く。
    >>
    >>
    >>
    >>本題ですが、
    >>
    >>
    >>競技規則によって裁かれないといけない、
    >>
    >>そんなこと、わかってますよ、
    >>審判団も、本部も。
    >>
    >>
    >>
    >>
    >>没収試合とした処置に違和感、ですか。
    >>
    >>
    >>コートは血まみれ、警察、救急車が駆けつけ、
    >>
    >>会場は騒然。
    >>
    >>
    >>試合を再スタートさせることに、逆に違和感しかないですよ。
    >>
    >>
    >>
    >>スポーツだから、
    >>
    >>ルールだから、
    >>
    >>
    >>わかってます。そんなこと。
    >>
    >>
    >>
    >>道徳って、知ってますか?
    >>
    > >
    >
    > 賛否両論あるかとは思います
    >
    > 私なら没収試合で試合終了
    >
    > オフェンスファウルからの暴力の動画しか見ていませんので、あくまで私見です
    >
    > 合わせてゲームの流れや留学生だからなどは、ひとまず別件とします
    >
    > 最終的には
    >
    >
    >
    > 46条13
    >
    > 競技規則に示されていない、あらゆる事項に決定する権限を持つ
    >
    >
    > これで良いのではないでしょうか?
    >
    >
    >
    > 審判を病院送りにさせるほどの暴力は、そもそも想定外ではないでしょうか?
    >
    >
    >
    > 極論
    >
    >
    > 試合中に天変地異やテロなどで試合が続けられない場合は、没収試合又は再試合が妥当かと
    >
    >



    これはコメントしなければ!!!


    と思って グラスにウイスキーを注ぎ 炭酸で割って ハイボールを作っていた間に…


    羽羽さんに 先越されました。(笑)



    ほぼ同意見です。


    スポーツにルールは欠かせません!





    今回のような事態を想定された条文だとも思えません。



    あの映像を見れば 没収試合の措置も仕方ないと思いますし 私が責任審判だったとしたら…


    【この状況・雰囲気の中でゲームを続けることは もはやスポーツとは思えません】


    との意思表明とともに 大会主催者との協議に臨むと思います。

返信 削除キー/

■7658 / )  Re[2]: 審判殴打後の処置について
□投稿者/ 羽羽 ファミリー(164回)-(2018/06/18(Mon) 20:53:15) [ID:dDqnHRNw]
    >
    > まず、インターハイ予選ではありません。お間違い無く。
    >
    >
    >
    > 本題ですが、
    >
    >
    > 競技規則によって裁かれないといけない、
    >
    > そんなこと、わかってますよ、
    > 審判団も、本部も。
    >
    >
    >
    >
    > 没収試合とした処置に違和感、ですか。
    >
    >
    > コートは血まみれ、警察、救急車が駆けつけ、
    >
    > 会場は騒然。
    >
    >
    > 試合を再スタートさせることに、逆に違和感しかないですよ。
    >
    >
    >
    > スポーツだから、
    >
    > ルールだから、
    >
    >
    > わかってます。そんなこと。
    >
    >
    >
    > 道徳って、知ってますか?
    >
    >

    賛否両論あるかとは思います

    私なら没収試合で試合終了

    オフェンスファウルからの暴力の動画しか見ていませんので、あくまで私見です

    合わせてゲームの流れや留学生だからなどは、ひとまず別件とします

    最終的には



    46条13

    競技規則に示されていない、あらゆる事項に決定する権限を持つ


    これで良いのではないでしょうか?



    審判を病院送りにさせるほどの暴力は、そもそも想定外ではないでしょうか?



    極論


    試合中に天変地異やテロなどで試合が続けられない場合は、没収試合又は再試合が妥当かと


返信 削除キー/

■7657 / )  Re[1]: 審判殴打後の処置について
□投稿者/ 会場に居た者 一般人(1回)-(2018/06/18(Mon) 19:27:44) [ID:GUggse6P]
    No7656に返信(社会人バスケの審判初心者さんの記事)
    > 先日のインターハイ予選での審判を殴打した歳に没収試合としたことの処置について、少し違和感を覚えてました。
    > そのようなところあるブログでの以下の記述があり、私もこの意見のとおりだと思いますが皆様いかがでしょうか?
    >
    > (以下ブログの引用)
    >
    > 高校の某大会で、没収試合があったようなので。
    >
    > 今回のシチュエーションでは、1人のプレイヤーが審判に対して暴力行為を働いたことが問題であることは確かです。
    > もちろんこの行為が許されるべきものではないのであるが、現行競技規則においてどうなのかを考えてみましょう。
    > 第20条 ゲームの没収
    > 20-1 ルール 次の場合、ゲームの没収によりチームは負けになる:
    > ◦ゲーム開始予定時刻から15分を過ぎてもチームがコートにいない、もしくはプレーをする準備 のととのったプレーヤーが5人揃わなかった場合
    > ◦ゲームの進行を妨げる行為をした場合
    > ◦クルーチーフがすすめたにもかかわらず、なおプレーをすることを拒んだ場合
    > 
    > 第47条 審判:役割と権限
    >
    > 47-5 審判の一人が怪我またはその他の理由で審判を続けられなくなり、その後5分を経過してもその審判が任務を遂行できない場合は、ゲームを再開する。怪我をした審判の代わりとなる審判がいない場合は、残りの審判だけでゲーム終了まで任務を遂行する。代わりの審判の起用については、コミッショナーが同席している場合はコミッショナーと協議した後、残りの審判が決定する。
    > とあります。
    > すなわち、審判が欠けた場合においても、ゲームは終了せず、残った人のみで進行されます。(ただし、現行規則上すべての審判員がいなくなった場合の規定はない)
    >
    > 今回のケースにおいては、審判が暴力行為ではあるものの、任務を遂行できないので、
    > 代わりの審判を起用するか、残った2人でツーパーソンシステムでゲームを進行するといった手段が考えられます。
    > (ただし、今回の大会の規模からすれば、代わりの審判がいたことは明らかですが……)
    >
    > 没収試合の規定を見ても、ゲームの進行を妨げる行為を暴力行為として判断しない限りは適用はできるのか怪しいように感じます。もちろん、試合続行を進めても辞退したのであれば別ですが。
    >
    > プレイコーリング・ガイドラインにはこんな記述があります。
    > Aゲームの進行を遅らせる行為
    > ・バスケットを通過したボールに故意に触れること
    > ・ボールがすばやくスローインされることを妨げること
    > ・笛が鳴った後などで審判にボールを返さないこと
    > Bベンチの管理
    > ・ゲームの手続き上の規則、運営・管理に関する規則に違反すること
    > ・ゲームの進行や運営に支障をもたらすこと(ベンチエリアで立ち続けてゲームに対しての異論を表現するなどを含む)
    > ・観客に対して不作法にふるまったり、挑発するような言動をとること
    > この文面を見ていると、「ゲームの進行を妨げる行為」は、過度なディレイングザゲームを防止するためにあるようなきがしてきてしまうのです。
    >
    > バスケットボールにおける暴力行為規定には、第36条テクニカルファウル内に条文があり、
    > 36-2 暴力行為
    > 36-2-1 ゲーム中に、スポーツマンシップとフェアプレーの精神に反する暴力行為が起きたときは、 審判または必要に応じて警備担当者により、暴力行為を速やかにやめさせなければならない。
    > 36-2-2 コート上もしくはその付近で、プレーヤーやチームベンチパーソネルによる暴力行為が発生 した場合は、審判は速やかにそれを止めさせる。
    > 36-2-3 審判やテーブルオフィシャルズあるいは相手チームに対し、暴行を加えたコーチ、プレーヤー、 チームベンチパーソネルは、速やかに失格・退場させられる。 クルーチーフは、その事象を大会主催者に報告しなければならない。
    > と、あることから、審判に対する暴力行為であっても、競技規則上は没収試合になると定義されているわけではなく、その暴力行為を行った人に対して、失格・退場(=ディスクォリファイングファウル)が宣せられることとなっています。
    >
    >
    > 今回の事案に対して、現行の条文で審判は没収試合にする権限はあるのであろうか、ということ。
    > もちろん別途大会規定を設けて置き、試合中に暴力行為があった場合、試合結果によらずそのチームは大会から除外するとでも規定してしまえば、それはそれでよいと思います。
    > (現行規定上、試合を終了できないので、試合は成立させた上で失格処分とする)
    > ただし、そのような規定がないのであれば、競技規則に沿って裁くしか方法はなく、
    > 現行規定をそのまま適用するのであれば、当該選手にディスクォリファイングファウルを宣し、試合を再開するしかなかったのではないか、ということです。
    >
    > Bリーグにでさえ、暴力に対する処罰規定は、別途懲罰規定によって懲罰が決められているように、各大会主催者は、事前に懲罰規定を設け、それに対する処置を事前に参加者に明示するしか守る方法はないのだと思うわけです。
    >
    > 一人の人として、あの事象を見るのであれば、「あんなのが許されてはいけない。失格だ。」でよいと思います。
    > しかし、スポーツはルールによって進行しなければいけない。
    > である以上は、審判はその競技規則上によって裁くしか方法はなく、それを超える権利を持っているわけではないと思うのです。
    >
    > 競技規則の前書きには、このようにあります。
    > それは一言一句も軽視することのない文字どおり規則の章条に忠 実であろうと努めることによってのみ理解される。審判は瞬間的な プレーに対して正しい規則の適用を要求されている。また、近年バ スケットボールの競技規則が改正されるごとに、ますます審判の判 断に基づいて判定することが競技規則により明確に要求されるよう になってきている。したがって審判が規則を把握するには、単に規 則をよく読み規則を覚えるということだけではなく、体験的に理解 を深める必要がある。もちろん規則は文字を借りて表された意思で あるから行間にその意思をくみ取らなくてはならない。そのうえで 自分流の解釈を施すことなく、白紙の心境で字句そのままの意義を 受け入れる態度をもちつづけることによって、はじめて行間の規則 の精神を誤りなく身につけることができるのである。
    >
    > つまり、一言一句競技規則の通りに理解するのであれば、暴力行為に対する処置がディスクォリファイングファウルであることしか明記されていない以上、審判はその処置をすることしかできないと私は考えます。
    >
    > その上で、大会運営上そのチームを除外するのであれば、それはそれでよいと思います。しかし、バスケットボールを行うのであれば、競技規則によって裁かれるものであって、それを逸脱させてはいけない、と私は思うのです。
    >
    > 参考:日本バスケットボール協会 バスケットボール競技規則 2018
    >    日本バスケットボール協会 JBAプレイコーリング・ガイドライン



    まず、インターハイ予選ではありません。お間違い無く。



    本題ですが、


    競技規則によって裁かれないといけない、

    そんなこと、わかってますよ、
    審判団も、本部も。




    没収試合とした処置に違和感、ですか。


    コートは血まみれ、警察、救急車が駆けつけ、

    会場は騒然。


    試合を再スタートさせることに、逆に違和感しかないですよ。



    スポーツだから、

    ルールだから、


    わかってます。そんなこと。



    道徳って、知ってますか?


返信 削除キー/

■7656 / )  審判殴打後の処置について
□投稿者/ 社会人バスケの審判初心者 一般人(1回)-(2018/06/18(Mon) 12:41:59) [ID:7Lxs6y8k]
    先日のインターハイ予選での審判を殴打した歳に没収試合としたことの処置について、少し違和感を覚えてました。
    そのようなところあるブログでの以下の記述があり、私もこの意見のとおりだと思いますが皆様いかがでしょうか?

    (以下ブログの引用)

    高校の某大会で、没収試合があったようなので。

    今回のシチュエーションでは、1人のプレイヤーが審判に対して暴力行為を働いたことが問題であることは確かです。
    もちろんこの行為が許されるべきものではないのであるが、現行競技規則においてどうなのかを考えてみましょう。
    第20条 ゲームの没収
    20-1 ルール 次の場合、ゲームの没収によりチームは負けになる:
    ◦ゲーム開始予定時刻から15分を過ぎてもチームがコートにいない、もしくはプレーをする準備 のととのったプレーヤーが5人揃わなかった場合
    ◦ゲームの進行を妨げる行為をした場合
    ◦クルーチーフがすすめたにもかかわらず、なおプレーをすることを拒んだ場合
    
    第47条 審判:役割と権限

    47-5 審判の一人が怪我またはその他の理由で審判を続けられなくなり、その後5分を経過してもその審判が任務を遂行できない場合は、ゲームを再開する。怪我をした審判の代わりとなる審判がいない場合は、残りの審判だけでゲーム終了まで任務を遂行する。代わりの審判の起用については、コミッショナーが同席している場合はコミッショナーと協議した後、残りの審判が決定する。
    とあります。
    すなわち、審判が欠けた場合においても、ゲームは終了せず、残った人のみで進行されます。(ただし、現行規則上すべての審判員がいなくなった場合の規定はない)

    今回のケースにおいては、審判が暴力行為ではあるものの、任務を遂行できないので、
    代わりの審判を起用するか、残った2人でツーパーソンシステムでゲームを進行するといった手段が考えられます。
    (ただし、今回の大会の規模からすれば、代わりの審判がいたことは明らかですが……)

    没収試合の規定を見ても、ゲームの進行を妨げる行為を暴力行為として判断しない限りは適用はできるのか怪しいように感じます。もちろん、試合続行を進めても辞退したのであれば別ですが。

    プレイコーリング・ガイドラインにはこんな記述があります。
    Aゲームの進行を遅らせる行為
    ・バスケットを通過したボールに故意に触れること
    ・ボールがすばやくスローインされることを妨げること
    ・笛が鳴った後などで審判にボールを返さないこと
    Bベンチの管理
    ・ゲームの手続き上の規則、運営・管理に関する規則に違反すること
    ・ゲームの進行や運営に支障をもたらすこと(ベンチエリアで立ち続けてゲームに対しての異論を表現するなどを含む)
    ・観客に対して不作法にふるまったり、挑発するような言動をとること
    この文面を見ていると、「ゲームの進行を妨げる行為」は、過度なディレイングザゲームを防止するためにあるようなきがしてきてしまうのです。

    バスケットボールにおける暴力行為規定には、第36条テクニカルファウル内に条文があり、
    36-2 暴力行為
    36-2-1 ゲーム中に、スポーツマンシップとフェアプレーの精神に反する暴力行為が起きたときは、 審判または必要に応じて警備担当者により、暴力行為を速やかにやめさせなければならない。
    36-2-2 コート上もしくはその付近で、プレーヤーやチームベンチパーソネルによる暴力行為が発生 した場合は、審判は速やかにそれを止めさせる。
    36-2-3 審判やテーブルオフィシャルズあるいは相手チームに対し、暴行を加えたコーチ、プレーヤー、 チームベンチパーソネルは、速やかに失格・退場させられる。 クルーチーフは、その事象を大会主催者に報告しなければならない。
    と、あることから、審判に対する暴力行為であっても、競技規則上は没収試合になると定義されているわけではなく、その暴力行為を行った人に対して、失格・退場(=ディスクォリファイングファウル)が宣せられることとなっています。


    今回の事案に対して、現行の条文で審判は没収試合にする権限はあるのであろうか、ということ。
    もちろん別途大会規定を設けて置き、試合中に暴力行為があった場合、試合結果によらずそのチームは大会から除外するとでも規定してしまえば、それはそれでよいと思います。
    (現行規定上、試合を終了できないので、試合は成立させた上で失格処分とする)
    ただし、そのような規定がないのであれば、競技規則に沿って裁くしか方法はなく、
    現行規定をそのまま適用するのであれば、当該選手にディスクォリファイングファウルを宣し、試合を再開するしかなかったのではないか、ということです。

    Bリーグにでさえ、暴力に対する処罰規定は、別途懲罰規定によって懲罰が決められているように、各大会主催者は、事前に懲罰規定を設け、それに対する処置を事前に参加者に明示するしか守る方法はないのだと思うわけです。

    一人の人として、あの事象を見るのであれば、「あんなのが許されてはいけない。失格だ。」でよいと思います。
    しかし、スポーツはルールによって進行しなければいけない。
    である以上は、審判はその競技規則上によって裁くしか方法はなく、それを超える権利を持っているわけではないと思うのです。

    競技規則の前書きには、このようにあります。
    それは一言一句も軽視することのない文字どおり規則の章条に忠 実であろうと努めることによってのみ理解される。審判は瞬間的な プレーに対して正しい規則の適用を要求されている。また、近年バ スケットボールの競技規則が改正されるごとに、ますます審判の判 断に基づいて判定することが競技規則により明確に要求されるよう になってきている。したがって審判が規則を把握するには、単に規 則をよく読み規則を覚えるということだけではなく、体験的に理解 を深める必要がある。もちろん規則は文字を借りて表された意思で あるから行間にその意思をくみ取らなくてはならない。そのうえで 自分流の解釈を施すことなく、白紙の心境で字句そのままの意義を 受け入れる態度をもちつづけることによって、はじめて行間の規則 の精神を誤りなく身につけることができるのである。

    つまり、一言一句競技規則の通りに理解するのであれば、暴力行為に対する処置がディスクォリファイングファウルであることしか明記されていない以上、審判はその処置をすることしかできないと私は考えます。

    その上で、大会運営上そのチームを除外するのであれば、それはそれでよいと思います。しかし、バスケットボールを行うのであれば、競技規則によって裁かれるものであって、それを逸脱させてはいけない、と私は思うのです。

    参考:日本バスケットボール協会 バスケットボール競技規則 2018
       日本バスケットボール協会 JBAプレイコーリング・ガイドライン
返信 削除キー/

■7655 / )  Re[10]: 8秒カウントについて
□投稿者/ ラーメン 一般人(2回)-(2018/06/18(Mon) 12:40:46) [ID:uNS36j2m]
    No7652に返信(羽羽さんの記事)
    > ■No7651に返信(ラーメンさんの記事)
    >>■No7608に返信(一審判員さんの記事)
    > >>■No7604に返信(一審判員さんの記事)
    >>>>■No7599に返信(中堅コーチさんの記事)
    > >>>>■No7596に返信(師匠!さんの記事)
    >>>>>>■No7595に返信(羽羽さんの記事)
    > >>>>>>■No7593に返信(師匠!さんの記事)
    >>>>>>>>んっ?
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>何気に 24秒と8秒の計測を始める時期が変わってる?
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>今までであれば スローインの際…
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>8秒の制限は 【バックコート内のプレイヤーに触れたとき】
    >>>>>>>>24秒の制限は 【コート内のプレイヤーに触れたとき】
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>であったのが…
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>新競技規則の スローインの際…
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>8秒の制限は 【スローインしたチームのプレイヤーがバックコートでそのボールをコントロールした】
    >>>>>>>>24秒の制限は 【スローインしたチームのプレイヤーがコートでそのボールをコントロールした】
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>になってますね!
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>
    >>>>>>>>いろいろと大変です…(苦笑)
    >>>>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>これ私も引っかかりましたが
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>ルールの変更ではないようです
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>スローインされたボールにコート上のプレイヤーが正当に触れ
    > >>>>>>(今まで通り計り始めはここ)
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>で、
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>「スローインしたチームのプレイヤーがコートでそのボールをコントロールした」
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>そのチームは、8秒or24秒以内に・・・・と読むようです
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>24秒オペの任務にも計り始めは今まで通りの
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>「スローインされたボールにコート上のプレイヤーが正当に触れたとき」
    > >>>>>>
    > >>>>>>と記載があります
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    > >>>>>>日本語って難しい(笑)
    > >>>>>>
    > >>>>>>
    >>>>>>
    >>>>>>
    >>>>>>もはや発狂しそうです!(笑)
    > >>>>
    > >>>>新しいルールブックですが・・混乱しそうで未だ怖くて
    > >>>>開いていません・・
    > >>>>
    > >>>>余談ですが、先日のミニバスカップ戦で
    > >>>>フリースローシューターが
    > >>>>いつまでたっても(およそ7〜8秒ほどですが)
    > >>>>シュートしないし、トレイルもシューターバイオレーションを
    > >>>>取り上げなかったので、リードからシューターバイオレーションを
    > >>>>宣したところ・・・
    > >>>>ベンチから ??WHY?? のアピールがありました(笑)
    > >>>>
    > >>>>試合後話を聞いたところ・・・
    > >>>>相手審判「フリースローはカウントしなくていい事になったから
    > >>>>バイオレーションも無くなったと思って・・」って・・・
    > >>>>
    > >>>>つまり、ベンチも同じ解釈だったということのようで・・・
    > >>>>
    > >>>>カップ戦でしたのでアピールしたベンチ・レフリー全員別地区です。
    > >>>>
    > >>>>もう笑うしかなかったです(笑)
    > >>>>
    > >>>>新しいルールブック・・
    > >>>>解釈に幅があるとのことですので先行きが不安です
    > >>>>(つд⊂)エーン
    >>>>
    >>>>
    >>>>数えなくてよくなっただけで、ルールはそのままです。
    >>>>
    >>>>なんか 怖いですね!
    > >>
    > >>
    > >>失礼しました。
    > >>
    > >>頭の中で数えて下さい。ルールはそのままなので8秒も5秒もオーバーしたら
    > >>
    > >>バイオレーションです。
    > >>
    > >>手を広げてビジカルカウントをしなくなっただけです。
    > >>
    > >>しかし、小生相変わらず説明が下手やなぁ〜
    >>
    >>
    >>はじめまして。
    >>
    >>ボール出しの時とショットクロックが完全に一致した場合ですが……
    >>
    >>エンドラインにボールがある時……ショットクロック表示24……残り8秒
    >>
    >>スローインで
    >>コート上のプレーヤーが
    >>ボールに触れた瞬間……ショットクロック表示23……残り7.X秒
    >>ショットクロック表示22……残り6.X秒
    >>ショットクロック表示21……残り5.X秒
    >>ショットクロック表示20……残り4.X秒
    >>ショットクロック表示19……残り3.X秒
    >>ショットクロック表示18……残り2.X秒
    >>ショットクロック表示17……残り1.X秒
    >>ショットクロック表示16……残り0.X秒
    >>ショットクロック表示15と同時に残り0秒
    >>
    >>ショットクロック表示15になった瞬間が8秒バイオレーション
    >>であると自分は認識しております。
    >>
    >>冒頭の条件ではありますが。
    >>
    >>
    >
    > もしかしたら機器により違うのかもしれませんが…
    >
    > 通常は24秒表示または、非表示
    >
    > でスローインのボールに触れた瞬間にポチっとな
    >
    > その1秒後に23秒表示
    >
    > なので16秒表示と同時に8秒バイオレーション
    >
    >
    > その機器はやはり0表示と同時にブザーです
    >
    > 私はこのタイプしか見たことないので、なんとも…
    >
    >
    >
    > なので普段ラーメンさんが使っている機器を調べた方が良いかと思います
    >
    >

    ご回答ありがとうございます。

    調べてみたらおっしゃる通りでした。

    これまで一秒長かったと思うと……まずいですね。

    判定にしても、動き方にしても、ルールや本件のような機器の機能的なことも、出来ていると思い上がらずに振り替えることが大切だと再確認しました。

    ありがとうございました!
返信 削除キー/

■7654 / )  Re[1]: いくつか疑問点…
□投稿者/ 神奈川B級審判 一般人(18回)-(2018/06/17(Sun) 07:43:03) [ID:FRCOTQfy]
    No7653に返信(ゆうたんさんの記事)

    ゆうたんさん、ミニではなく一般的なルールの回答になります。

    > @フリースローで、バイオレーションを宣してサイドスローインになった場合、テーブルサイド・オポジットサイド等の指定はあるのか?

    22-2 罰則
    別途規定がない限り、バックボードの裏側以外の場所で、違反が起こった場所からもっとも近い
    位置で相手チームにスローインが与えられる。


    ですので、バイオレーションをしたシューターがいた位置に近いサイドからということになります。

    大体シューターは真ん中からシュートするので、「どちらでもいい」が回答になると思います。


    > Aプレイヤー負傷による交代はタイムアウトは必要なのか?また、負傷した選手は再びゲームに戻ることができるのか?

    5-3 怪我をしたプレーヤーが速やかに(約15秒以内)プレーを継続できない場合、あるいは治療を受
    ける場合、そのチームのコート上のプレーヤーの数が5人未満になってしまう場合を除いて、その
    プレーヤーは交代をしなければならない。

    とあり、更に

    5-7 怪我をしたプレーヤーや、出血をしたり傷口が開いているプレーヤーが、どちらかのチームに認
    められたタイムアウト中に回復した場合、スコアラーの交代のブザーの前であれば、そのプレー
    ヤーはプレーを続行することができる。
    【補足】 怪我をしたプレーヤーの交代を知らせるためにスコアラーがブザーを鳴らすよりも前にタ
    イムアウトが認められ、そのタイムアウトの間に手当てが終わった場合を指す。

    となっておりますので、必ずしも必要ないというのが回答かと。


    > Bテーブルオフィシャルズのタイマーはフリースロー時どのタイミングで手を上げるのか?【オフィシャルズ・マニュアルP242、タイマーの合図(ゲーム・クロックを止めるときあるいはゲーム・クロックを止めておくとき)】

    P234に
    2. タイマーは、ゲーム・クロックの操作と同時に次の動作を行う。
    これらの動作は、タイム・イン、タイム・アウトの瞬間を周囲
    にはっきりと示すための合図である。
    (1) ゲーム・クロックを動かすときは、動かし始める瞬間に、上
    げていた手のひらを握って下ろす。
    (2) ゲーム・クロックを止めたときは、その瞬間に手を開いて頭
    上に上げる。

    とあるので、フリースロー中もずーっと上げているが正しいのではないでしょうか?
    ※何かこれ変わった気もします(最後のフリースローの時だけ手を上げる?)
    が、記載が見つかりませんでした。

返信 削除キー/


Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -