審判の悩み事

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

462233

■ 新規作成からどんどん投稿してください。
■ 楽しく情報交換をしましょう。
■ 120時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 120時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
UpDateよく転ぶプレーヤー(2) | UpDateトラベリング(7) | UpDateNO TITLE(2) | UpDateポストのポジションで(5) | UpDate規則の部屋(2) | Nomal2018競技規則(10) | Nomal競技規則(7) | Nomalギャロップステップについて(7) | NomalNO TITLE(3) | Nomalサイドラインの責任について(2) | Nomal審判の合図とコール(13) | Nomalトスアップ時の「動かないで」の声掛け(2) | Nomalボールを出す場所(9) | Nomalお知らせです。(4) | Nomalシュートモーション時のボールチェック(19) | Nomalタイマーの管理について(8) | Nomal新ルールのトラベリング(4) | Nomalバックパス(2) | Nomalトラベリング?ダブルドリブル??(21) | Nomal全日本総合準決勝アルバルク、ブレイブサンタース戦について(4) | Nomalあれっ?(0) | Nomal3秒ルール(2) | Nomalトラベリングについて(現行ルール)(5) | Nomalスローインのヴァイオレイションについて(2) | Nomal頭(7) | Nomalバックパス(4) | Nomal謹賀新年(5) | Nomalオフボールのファウル(4) | Nomal2POと3PO(11) | Nomalファウルアウト時のテクニカルファウル(5) | Nomal立ち位置(4) | Nomal止める(3) | Nomal【コーチ兼プレイヤーの時】(3) | Nomalドリブルからのステップインに関しまして(12) | Nomalシューターのケガ(2) | Nomalクォータースタート時のリード(3) | Nomal初ミニバス(3) | Nomalスタートメンバー(0) | Nomalテクニカルファール(18) | Nomalトラベリング?(14) | Nomal30秒リセット、ミニと一般の違い(8) | Nomalアシスト(1) | Nomalシュート時の転倒(2) | Nomalタイムアウト(20) | Nomalパス(10) | Nomalフリースローの時(6) | Nomalアンスポ?テクニカル?ダブルファウル?(2) | Nomalインターハイ決勝(3) | Nomal24秒(8) | Nomalヘルドボールの時(1) | Nomal気が付くと(1) | Nomalジェスチャーについて(8) | Nomalお知らせ!(1) | Nomal処置(6) | Nomalエンドスローイン時のリード(1) | Nomalのこり0.6秒(6) | Nomalちょっと…(7) | Nomalたとえ話(3) | Nomal現行ルールについて(3) | Nomal8秒オーバータイムについて(2) | Nomalパスが入ったときの得点(3) | Nomalハンドチェキングについて(6) | Nomalすみません…(0) | NomalNO TITLE(3) | Nomalご連絡…(2) | Nomalミラー(2) | Nomal指導者の暴言?に対する処置(4) | Nomalジャンプボールシチュエーション(4) | Nomalトレイルの追随(6) | Nomalルール改正と追記(2) | Nomalアップロード…(12) | Nomalびじぶる(2) | Nomalスローインの誤り(2) | Nomal保持者以外のファウル(10) | Nomal御礼とお知らせ…(12) | Nomalフロアにこけているプレイヤー(2) | NomalJBAの対応(3) | Nomalカット後のドリブル(8) | Nomalテスト投稿です(1) | Nomalトレイルのペネトレイトについて(6) | Nomal負傷者:五ファウル:他(9) | Nomal3秒ルール(7) | Nomalボール中心…(2) | Nomalいつも、上から目線(19) | Nomalエンドスロー?サイドスロー?(11) | Nomalオートマティックの事例(13) | Nomalレアなケース?(8) | Nomalお知らせ(2) | NomalNO TITLE(7) | Nomal再開方法(5) | Nomal新年のご挨拶(10) | NomalNO TITLE(4) | Nomalチャージの前にトラベ(8) | Nomalボール出し(4) | Nomalクローズダウン(2) | Nomalエンドからのスローイン時(17) | Nomal新マニュアル?(21) | Nomalピリオド開始のスローインの位置(5) | Nomal接触が無いのですが…(19) | Nomalアンスポ?テク?ノーコール?(10) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■7566 / 親記事)  よく転ぶプレーヤー
□投稿者/ a2c 一般人(1回)-(2018/04/20(Fri) 11:20:41) [ID:ZXP0jSqy]
    いつも勉強させていただいております。

    先日のミニバス練習試合でのことですが、オフェンスでよく転ぶ子がいました。
    狭いところにドライブして自らディフェンスの子の足に引っかかって転んだり、ボールのないところでもディフェンスの子の足を踏んでしまって転んだり、という感じでした。

    いくつかそのようなシチュエーションがあったので気を付けて見ていたところ、バックコートからその子がドリブルで運んでいこうとしたときに起きたことで質問です。

    自ベンチ前(TOの手前あたり)でディフェンスが寄ってきたので、チェンジオブペースで左ドリブルで抜けようとした瞬間、ディフェンスの子の足(バッシュ)に引っかかって派手にTO前に転がっていきました。
    ディフェンスの子が進路をふさごうと特別大きく足を出したわけでもなく(コースを止めるというよりそのままオフェンスについていく感じのディフェンスでした)ディフェンスは無理な接触をさけようとしていたようにも見えていたので、ファールは無かったと判断しました。

    派手にいったわりには転んだ子も特に痛がる様子もありませんでしたし、ボールはそのまま外に出たので相手チームのスローインで再開。

    足を出したわけではないにしてもディフェンスも動いていましたし、自分からバッシュに引っかかったようにも見えましたがディフェンスの子も心配するくらいだいぶ派手に転んでしまったので、あのシーンはファールとして取り上げたほうがよかったのではないかと考えてしまいました。

    結果何事もなく試合は進みましたが、ケガにつながる危ないシーンだったと思います。
    どのような処置が最善だと思われますか?
引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■7567 / ResNo.1)  Re[1]: よく転ぶプレーヤー
□投稿者/ 練馬区民 一般人(4回)-(2018/04/20(Fri) 22:37:16) [ID:rvCAIM8L]
    No7566に返信(a2cさんの記事)
    > いつも勉強させていただいております。
    >
    > 先日のミニバス練習試合でのことですが、オフェンスでよく転ぶ子がいました。
    > 狭いところにドライブして自らディフェンスの子の足に引っかかって転んだり、ボールのないところでもディフェンスの子の足を踏んでしまって転んだり、という感じでした。
    >
    > いくつかそのようなシチュエーションがあったので気を付けて見ていたところ、バックコートからその子がドリブルで運んでいこうとしたときに起きたことで質問です。
    >
    > 自ベンチ前(TOの手前あたり)でディフェンスが寄ってきたので、チェンジオブペースで左ドリブルで抜けようとした瞬間、ディフェンスの子の足(バッシュ)に引っかかって派手にTO前に転がっていきました。
    > ディフェンスの子が進路をふさごうと特別大きく足を出したわけでもなく(コースを止めるというよりそのままオフェンスについていく感じのディフェンスでした)ディフェンスは無理な接触をさけようとしていたようにも見えていたので、ファールは無かったと判断しました。
    >
    > 派手にいったわりには転んだ子も特に痛がる様子もありませんでしたし、ボールはそのまま外に出たので相手チームのスローインで再開。
    >
    > 足を出したわけではないにしてもディフェンスも動いていましたし、自分からバッシュに引っかかったようにも見えましたがディフェンスの子も心配するくらいだいぶ派手に転んでしまったので、あのシーンはファールとして取り上げたほうがよかったのではないかと考えてしまいました。
    >
    > 結果何事もなく試合は進みましたが、ケガにつながる危ないシーンだったと思います。
    > どのような処置が最善だと思われますか?

    実際に見ていないので文面からで申し訳ないですが、DFに責任があるのならまだしも、正当にDFをしていて、OFのプレイヤーのケガを防ぐ為だけに、事実のないDFファウルを吹き上げるのは、?、と思います。
    それを吹き上げるなら、ゲーム全てを、今後のご自身の審判活動としても基準にしていかないといけないと思うのですが、いかがでしょう?
引用返信
■7568 / ResNo.2)  Re[1]: よく転ぶプレーヤー
□投稿者/ 8年目のミニ監督 ファミリー(166回)-(2018/04/21(Sat) 10:16:36) [ID:Qp81eAbb]
    はじめまして。

    ミニバスあるある ですね。(笑)


    接触の「事実」と転倒という「影響」はあるけど「責任」は誰にあるの?

    というケースかと。

    6年生くらいになるとそうは転ばないでしょうが、低学年だと

    よく転ぶ子は確かにいますね。


    派手な転倒で反射的にDFファウルの笛を鳴らしてしまうことが

    確かにありますが、直後にまわりから

    「自滅じゃねぇ?」のささやきが。。。(笑)


    基本通り、事実・責任・影響を見極めて判定することが大事と思います。

    オフェンスが自滅で転倒しているがディフェンスのファウルではない

    という判定であれば、私ならその場で本人に

    「転ばないように頑張ろう!」

    等の声掛けをするとともに、度重なるようなら インターバル中に

    指導者へもお話すると思います。


    ただ、気を付けなければいけないのは、体が未成熟なミニの選手は

    「影響」の表れ方が大人とは異なるので、一見オフェンス自滅のように

    見える現象でも、ディフェンスに責任のあるごく軽い接触が入口で

    起こっていることもあるということです。


    頑張って見極めましょう。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■7546 / 親記事)  トラベリング
□投稿者/ 若葉マーク 一般人(4回)-(2018/04/12(Thu) 20:59:25) [ID:1oX0cqIy]
    教えてください!
    動きながらのドリブルの場合に2歩目が床に着く前に手から離れれば良いと書いてますが、
    1歩目の状態は無視して良いでしょうか?
    つまり、1歩目が既に床から離れていても2歩目が床に着いていなければOK?


    今週末から新ルールで吹くのですが不安しかありません。。。
引用返信

▽[全レス7件(ResNo.3-7 表示)]
■7550 / ResNo.3)  Re[3]: トラベリング
□投稿者/ NBJ 一般人(10回)-(2018/04/13(Fri) 13:29:48) [ID:DiWQptt2]
    No7549に返信(新米審判さんの記事)
    > ■No7547に返信(8年目のミニ監督さんの記事)
    > >>つまり、1歩目が既に床から離れていても2歩目が床に着いていなければOK?
    >>
    >>
    >>こんばんは。
    >>
    >>FIBAから公開されている動画も含めて確認できる
    >>
    >>ところではその通りですね。
    >>
    >>
    >>「2017 FIBA TRAVEL RULE VIDEOS」
    >>
    >>で検索すると いくつか動画でか確認できます。
    >
    >
    >
    > ((@_@))えっ!そうなんですか・・・
    >
    >
    > 以前上級に確認した時には、
    >
    > 1歩目が離れた場合は従来通り“トラベリング”になるって聞きましたけど、、、
    >
    >
    > 普通にプレイしている(微妙な表現ですけど)状態では取り上げなくてもいいですが、
    > それをOKにしてしまうと、3段跳びのような感じで大きく動いて
    > 2歩目が着く前にドリブルしてもOKになってしまうので、
    >
    >
    > といった感じの説明でしたけど^_^;
    >
    >
    > 日曜の審判が不安しかないです。。。大汗




    あくまで、私の私見ですが ・・・・・ ( と、前置きをさせてくださいね(笑))

    競技規則の文言がどうこうとかではなく

    ( 「 その根拠は? どこにそんなの書いてあるんだ? 」 と聞かれても困りますが(笑))


    『 バスケットボールって本来、こうなんじゃないの? 』 という私なりの見解です.


    トラヴェリングという規定は 「 progressing with the ball 」 という概念だと思うんですね。

    ボールと一緒にどこまで進めるか ・・・ その移動できる範囲や距離や手段方法。

    それにプラス、まだ進みたいのであれば ドリブルの始め方 と その終わり方。


    バスケットボールのルールの精神・概念で言うと、そこから移動したいのであれば

    「 1の足(軸足)を床に着けている状態でボールを手から手離さないといけない 」

    「 軸足を床から離した状態(ジャンプしている状態)でドリブルを始めることは出来ない 」

    という 「 progressing with the ball 」 という規定があります。


    私は、これを 『 バスケットボールってこうだよねぇ〜、そだねーーー、うんー(笑) 』 と考えています。


    で、今回の新ルール:0ステップについては、ボールの保持 「 Gather : ギャザー 」 について

    人間の動体視力に限界があり、それに期待していない(笑) だから 「 Gather : ギャザー 」 (笑)


    人間の 「 歩く、小走り、走る」 で、いわゆる人間の 「 普通に 」 している行為や行動を前提に

    「 progressing with the ball 」 を、バスケットボールをより楽しんでね!

    そこを分かってもらっていることが大前提での 「 0ステップ 」の導入ではないのかなと。


    だから、「 普通 」 ではない 「 ケンケン 」 は、本来、規則が意図したプレイではないのではと思っています。


    よりスピーディに、よりダイナミックに、『 より高得点がお互いに期待できる 』 面白いゲームに!

    ざっくりと(笑)そんなバスケットボールにしようという方向づけだと理解しています。


    でね(笑) 私の結論なんですが、

    私の動体視力では、0ステップが認められるプレイで

    1歩目が床に着いている間にボールが手から離れたか? 2歩目が床に着く前にボールを手放したか?

    なんて毎回、それを確認することはとうてい無理で困難な話です!(笑)


    でもね、3段跳びのように、「 明らかに 」 1歩目が空中に浮いて、2歩目も空中に浮いた状態で


    ドリブルを始めたとしたら ・・・・・・・・・・   ふふふふふっ (笑)




引用返信
■7551 / ResNo.4)  Re[4]: トラベリング
□投稿者/ 一審判員 ファミリー(185回)-(2018/04/13(Fri) 16:10:11) [ID:GeX28jA8]
    No7550に返信(NBJさんの記事)
    > ■No7549に返信(新米審判さんの記事)
    >>■No7547に返信(8年目のミニ監督さんの記事)
    >>>>つまり、1歩目が既に床から離れていても2歩目が床に着いていなければOK?
    > >>
    > >>
    > >>こんばんは。
    > >>
    > >>FIBAから公開されている動画も含めて確認できる
    > >>
    > >>ところではその通りですね。
    > >>
    > >>
    > >>「2017 FIBA TRAVEL RULE VIDEOS」
    > >>
    > >>で検索すると いくつか動画でか確認できます。
    >>
    >>
    >>
    >>((@_@))えっ!そうなんですか・・・
    >>
    >>
    >>以前上級に確認した時には、
    >>
    >>1歩目が離れた場合は従来通り“トラベリング”になるって聞きましたけど、、、
    >>
    >>
    >>普通にプレイしている(微妙な表現ですけど)状態では取り上げなくてもいいですが、
    >>それをOKにしてしまうと、3段跳びのような感じで大きく動いて
    >>2歩目が着く前にドリブルしてもOKになってしまうので、
    >>
    >>
    >>といった感じの説明でしたけど^_^;
    >>
    >>
    >>日曜の審判が不安しかないです。。。大汗
    >
    >
    >
    >
    > あくまで、私の私見ですが ・・・・・ ( と、前置きをさせてくださいね(笑))
    >
    > 競技規則の文言がどうこうとかではなく
    >
    > ( 「 その根拠は? どこにそんなの書いてあるんだ? 」 と聞かれても困りますが(笑))
    >
    >
    > 『 バスケットボールって本来、こうなんじゃないの? 』 という私なりの見解です.
    >
    >
    > トラヴェリングという規定は 「 progressing with the ball 」 という概念だと思うんですね。
    >
    > ボールと一緒にどこまで進めるか ・・・ その移動できる範囲や距離や手段方法。
    >
    > それにプラス、まだ進みたいのであれば ドリブルの始め方 と その終わり方。
    >
    >
    > バスケットボールのルールの精神・概念で言うと、そこから移動したいのであれば
    >
    > 「 1の足(軸足)を床に着けている状態でボールを手から手離さないといけない 」
    >
    > 「 軸足を床から離した状態(ジャンプしている状態)でドリブルを始めることは出来ない 」
    >
    > という 「 progressing with the ball 」 という規定があります。
    >
    >
    > 私は、これを 『 バスケットボールってこうだよねぇ〜、そだねーーー、うんー(笑) 』 と考えています。
    >
    >
    > で、今回の新ルール:0ステップについては、ボールの保持 「 Gather : ギャザー 」 について
    >
    > 人間の動体視力に限界があり、それに期待していない(笑) だから 「 Gather : ギャザー 」 (笑)
    >
    >
    > 人間の 「 歩く、小走り、走る」 で、いわゆる人間の 「 普通に 」 している行為や行動を前提に
    >
    > 「 progressing with the ball 」 を、バスケットボールをより楽しんでね!
    >
    > そこを分かってもらっていることが大前提での 「 0ステップ 」の導入ではないのかなと。
    >
    >
    > だから、「 普通 」 ではない 「 ケンケン 」 は、本来、規則が意図したプレイではないのではと思っています。
    >
    >
    > よりスピーディに、よりダイナミックに、『 より高得点がお互いに期待できる 』 面白いゲームに!
    >
    > ざっくりと(笑)そんなバスケットボールにしようという方向づけだと理解しています。
    >
    >
    > でね(笑) 私の結論なんですが、
    >
    > 私の動体視力では、0ステップが認められるプレイで
    >
    > 1歩目が床に着いている間にボールが手から離れたか? 2歩目が床に着く前にボールを手放したか?
    >
    > なんて毎回、それを確認することはとうてい無理で困難な話です!(笑)
    >
    >
    > でもね、3段跳びのように、「 明らかに 」 1歩目が空中に浮いて、2歩目も空中に浮いた状態で
    >
    >
    > ドリブルを始めたとしたら ・・・・・・・・・・   ふふふふふっ (笑)
    >
    >

    0ステップ・・・

    吹かない勇気! でも、今年度は笛が鳴るだろうなぁ(笑)

    でも、あからさまな場合は取り上げなければなりませんね?
引用返信
■7552 / ResNo.5)  Re[5]: トラベリング
□投稿者/ 若葉マーク 一般人(5回)-(2018/04/13(Fri) 23:39:20) [ID:1oX0cqIy]
    No7551に返信(一審判員さんの記事)
    > ■No7550に返信(NBJさんの記事)
    >>■No7549に返信(新米審判さんの記事)
    > >>■No7547に返信(8年目のミニ監督さんの記事)
    > >>>>つまり、1歩目が既に床から離れていても2歩目が床に着いていなければOK?
    >>>>
    >>>>
    >>>>こんばんは。
    >>>>
    >>>>FIBAから公開されている動画も含めて確認できる
    >>>>
    >>>>ところではその通りですね。
    >>>>
    >>>>
    >>>>「2017 FIBA TRAVEL RULE VIDEOS」
    >>>>
    >>>>で検索すると いくつか動画でか確認できます。
    > >>
    > >>
    > >>
    > >>((@_@))えっ!そうなんですか・・・
    > >>
    > >>
    > >>以前上級に確認した時には、
    > >>
    > >>1歩目が離れた場合は従来通り“トラベリング”になるって聞きましたけど、、、
    > >>
    > >>
    > >>普通にプレイしている(微妙な表現ですけど)状態では取り上げなくてもいいですが、
    > >>それをOKにしてしまうと、3段跳びのような感じで大きく動いて
    > >>2歩目が着く前にドリブルしてもOKになってしまうので、
    > >>
    > >>
    > >>といった感じの説明でしたけど^_^;
    > >>
    > >>
    > >>日曜の審判が不安しかないです。。。大汗
    >>
    >>
    >>
    >>
    >>あくまで、私の私見ですが ・・・・・ ( と、前置きをさせてくださいね(笑))
    >>
    >>競技規則の文言がどうこうとかではなく
    >>
    >>( 「 その根拠は? どこにそんなの書いてあるんだ? 」 と聞かれても困りますが(笑))
    >>
    >>
    >>『 バスケットボールって本来、こうなんじゃないの? 』 という私なりの見解です.
    >>
    >>
    >>トラヴェリングという規定は 「 progressing with the ball 」 という概念だと思うんですね。
    >>
    >>ボールと一緒にどこまで進めるか ・・・ その移動できる範囲や距離や手段方法。
    >>
    >>それにプラス、まだ進みたいのであれば ドリブルの始め方 と その終わり方。
    >>
    >>
    >>バスケットボールのルールの精神・概念で言うと、そこから移動したいのであれば
    >>
    >>「 1の足(軸足)を床に着けている状態でボールを手から手離さないといけない 」
    >>
    >>「 軸足を床から離した状態(ジャンプしている状態)でドリブルを始めることは出来ない 」
    >>
    >>という 「 progressing with the ball 」 という規定があります。
    >>
    >>
    >>私は、これを 『 バスケットボールってこうだよねぇ〜、そだねーーー、うんー(笑) 』 と考えています。
    >>
    >>
    >>で、今回の新ルール:0ステップについては、ボールの保持 「 Gather : ギャザー 」 について
    >>
    >>人間の動体視力に限界があり、それに期待していない(笑) だから 「 Gather : ギャザー 」 (笑)
    >>
    >>
    >>人間の 「 歩く、小走り、走る」 で、いわゆる人間の 「 普通に 」 している行為や行動を前提に
    >>
    >>「 progressing with the ball 」 を、バスケットボールをより楽しんでね!
    >>
    >>そこを分かってもらっていることが大前提での 「 0ステップ 」の導入ではないのかなと。
    >>
    >>
    >>だから、「 普通 」 ではない 「 ケンケン 」 は、本来、規則が意図したプレイではないのではと思っています。
    >>
    >>
    >>よりスピーディに、よりダイナミックに、『 より高得点がお互いに期待できる 』 面白いゲームに!
    >>
    >>ざっくりと(笑)そんなバスケットボールにしようという方向づけだと理解しています。
    >>
    >>
    >>でね(笑) 私の結論なんですが、
    >>
    >>私の動体視力では、0ステップが認められるプレイで
    >>
    >>1歩目が床に着いている間にボールが手から離れたか? 2歩目が床に着く前にボールを手放したか?
    >>
    >>なんて毎回、それを確認することはとうてい無理で困難な話です!(笑)
    >>
    >>
    >>でもね、3段跳びのように、「 明らかに 」 1歩目が空中に浮いて、2歩目も空中に浮いた状態で
    >>
    >>
    >>ドリブルを始めたとしたら ・・・・・・・・・・   ふふふふふっ (笑)
    >>
    >>
    >
    > 0ステップ・・・
    >
    > 吹かない勇気! でも、今年度は笛が鳴るだろうなぁ(笑)
    >
    > でも、あからさまな場合は取り上げなければなりませんね?

    正直、何があからさまなのかも判りません(´Д`)
引用返信
■7553 / ResNo.6)  Re[6]: トラベリング
□投稿者/ 師匠! 仙人(371回)-(2018/04/14(Sat) 00:09:08) [ID:uEsv7mpq]

    >
    > 正直、何があからさまなのかも判りません(´Д`)


    皆さん それぞれの立場があるので ハッキリと言えないだけではないでしょうか?

    しがらみのない私が 私見をはっきりと申し上げます!(笑)



    先ずは 人間の動きとして 歩く 又は 競歩的な動きの場合 右足(又は左足)が地面についた状態で 次の足(逆足)が地面につく…

    この動きの連続が 【歩く】という動きになります。


    それに対して 走る(ジョグを含む)という動きは 右足(又は左足)で地面を蹴って 足が浮いた状態で 次の足(逆足)が地面につきます


    これは 実践してみれば分かります。


    かる〜い走りでも 必ず両足が地面に触れていない瞬間が存在します。


    この動きをしている時が 今回の競技規則に取り入れられた 【動きながら】 という状態なのだと 私は理解しています。



    その 普通の【動きながら】という状態の中で NBJさんが述べているように 一歩目が床に残ってるの? 離れたの?  なんてのを厳密に判断すののは とても難しいし…

    その僅かな時間差を以って リーガル 又は イリーガル を判定するのは??? ではないかと 私は思います。


    なぜなら…


    先に述べたように 通常の【動きながら】という状況の中では どんなに歩幅が広くなっても 片方の足が床から離れた後に 逆の足が床につくまでのタイミングって そんなに変わらないからです!

    (これも 実践してもらえばわかるはずです)




    ルール的に言えば…


    【動きながら】という状況の中では ピボットフットが確立されない状況だとも言えます。


    ピボットフットが確立されていないのだから ボールを手放す(リリースする)のは フリーフットが確立されるまで!

    ってのは ある意味理にかなっていると 私は思います。




    んで

    NBJさんが 適度に濁している(笑)  三段跳びのような動きの場合…



    これは 通常の【動きながら】とは 全く異質の状況だと 私は思います。


    それは 【動きながら】 ではなく 【飛びながら】 または 【ジャンプしながら】 ではないでしょうか?



    であるなら 飛び上がったり ジャンプするには ピボットフットが確立された状態だと 審判が認識することが出来るわけで…



    となれば ピヴォットフットが床についている間に ボールを手放す(リリースする)事が求められるわけで…



    通常に【動きながら】ではないと判断した場合は 0ステップを適用したとしても 1歩目が床についている間に ボールを手放す(リリースする)事が ドリブル(ボールの移動)を始めるための必須要件だと 私は考えます。



    どんなもんでしょ?


引用返信
■7565 / ResNo.7)  Re[7]: トラベリング
□投稿者/ 若葉マーク 一般人(8回)-(2018/04/19(Thu) 21:41:40) [ID:1oX0cqIy]
JBAのサンプル動画
    No7553に返信(師匠!さんの記事)
    >
    >>
    >>正直、何があからさまなのかも判りません(´Д`)
    >
    >
    > 皆さん それぞれの立場があるので ハッキリと言えないだけではないでしょうか?
    >
    > しがらみのない私が 私見をはっきりと申し上げます!(笑)
    >
    >
    >
    > 先ずは 人間の動きとして 歩く 又は 競歩的な動きの場合 右足(又は左足)が地面についた状態で 次の足(逆足)が地面につく…
    >
    > この動きの連続が 【歩く】という動きになります。
    >
    >
    > それに対して 走る(ジョグを含む)という動きは 右足(又は左足)で地面を蹴って 足が浮いた状態で 次の足(逆足)が地面につきます
    >
    >
    > これは 実践してみれば分かります。
    >
    >
    > かる〜い走りでも 必ず両足が地面に触れていない瞬間が存在します。
    >
    >
    > この動きをしている時が 今回の競技規則に取り入れられた 【動きながら】 という状態なのだと 私は理解しています。
    >
    >
    >
    > その 普通の【動きながら】という状態の中で NBJさんが述べているように 一歩目が床に残ってるの? 離れたの?  なんてのを厳密に判断すののは とても難しいし…
    >
    > その僅かな時間差を以って リーガル 又は イリーガル を判定するのは??? ではないかと 私は思います。
    >
    >
    > なぜなら…
    >
    >
    > 先に述べたように 通常の【動きながら】という状況の中では どんなに歩幅が広くなっても 片方の足が床から離れた後に 逆の足が床につくまでのタイミングって そんなに変わらないからです!
    >
    > (これも 実践してもらえばわかるはずです)
    >
    >
    > で
    >
    > ルール的に言えば…
    >
    >
    > 【動きながら】という状況の中では ピボットフットが確立されない状況だとも言えます。
    >
    >
    > ピボットフットが確立されていないのだから ボールを手放す(リリースする)のは フリーフットが確立されるまで!
    >
    > ってのは ある意味理にかなっていると 私は思います。
    >
    >
    >
    >
    > んで
    >
    > NBJさんが 適度に濁している(笑)  三段跳びのような動きの場合…
    >
    >
    >
    > これは 通常の【動きながら】とは 全く異質の状況だと 私は思います。
    >
    >
    > それは 【動きながら】 ではなく 【飛びながら】 または 【ジャンプしながら】 ではないでしょうか?
    >
    >
    >
    > であるなら 飛び上がったり ジャンプするには ピボットフットが確立された状態だと 審判が認識することが出来るわけで…
    >
    >
    >
    > となれば ピヴォットフットが床についている間に ボールを手放す(リリースする)事が求められるわけで…
    >
    >
    >
    > 通常に【動きながら】ではないと判断した場合は 0ステップを適用したとしても 1歩目が床についている間に ボールを手放す(リリースする)事が ドリブル(ボールの移動)を始めるための必須要件だと 私は考えます。
    >
    >
    >
    > どんなもんでしょ?
    >
    >

    師匠!殿
    ありがとうございます。
    地元のS級に聞くと『ルールブック通り。それ以上でも以下でもない。』と言われました。
    官僚答弁(笑)
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-7]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■7561 / 親記事)  NO TITLE
□投稿者/ 若葉マーク 一般人(6回)-(2018/04/19(Thu) 15:11:47) [ID:1oX0cqIy]
JBAのサンプル動画
    教えてください!
    サンプル動画を見てるのですが、
    アンスポのC1〜5のケースは全てアンスポが正しい判断と理解して良いですか?

    例えばC2-3では、結果的にノーマルファールで処置してますが『本当はアンスポだよ〜』って事ですか?
    ガソールの最後の下ろした手がハードコンタクトアンスポ?

    これに、近い形でゴール下のシュートフェイクにディフェンスが飛んじゃって、オフェンスも半分ファールを貰うっぽく上から落ちてくるディフェンスに下からかち上げるケースなんかもアンスポですかね?

    誰か教えて〜
引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■7563 / ResNo.1)  Re[1]: NO TITLE
□投稿者/ 師匠! 仙人(372回)-(2018/04/19(Thu) 17:33:42) [ID:4BAKEvwp]
    No7561に返信(若葉マークさんの記事)
    > 教えてください!
    > サンプル動画を見てるのですが、
    > アンスポのC1〜5のケースは全てアンスポが正しい判断と理解して良いですか?
    >
    > 例えばC2-3では、結果的にノーマルファールで処置してますが『本当はアンスポだよ〜』って事ですか?
    > ガソールの最後の下ろした手がハードコンタクトアンスポ?
    >
    > これに、近い形でゴール下のシュートフェイクにディフェンスが飛んじゃって、オフェンスも半分ファールを貰うっぽく上から落ちてくるディフェンスに下からかち上げるケースなんかもアンスポですかね?
    >
    > 誰か教えて〜



    サンプル動画のつくり方・示し方から推察すると あの動画の内容は
    今後アンスポとして取り上げなさい!

    って事なんだろうと思います。


    ショットの際の 少し悪気があったんじゃね?? (特に男子に見受けられる・・・)

    みたいなプレーは 積極的にアンスポでの処置がスタンダードになるんですかね〜

引用返信
■7564 / ResNo.2)  Re[2]: NO TITLE
□投稿者/ 若葉マーク 一般人(7回)-(2018/04/19(Thu) 21:27:40) [ID:1oX0cqIy]
JBAのサンプル動画
    No7563に返信(師匠!さんの記事)
    > ■No7561に返信(若葉マークさんの記事)
    >>教えてください!
    >>サンプル動画を見てるのですが、
    >>アンスポのC1〜5のケースは全てアンスポが正しい判断と理解して良いですか?
    >>
    >>例えばC2-3では、結果的にノーマルファールで処置してますが『本当はアンスポだよ〜』って事ですか?
    >>ガソールの最後の下ろした手がハードコンタクトアンスポ?
    >>
    >>これに、近い形でゴール下のシュートフェイクにディフェンスが飛んじゃって、オフェンスも半分ファールを貰うっぽく上から落ちてくるディフェンスに下からかち上げるケースなんかもアンスポですかね?
    >>
    >>誰か教えて〜
    >
    >
    >
    > サンプル動画のつくり方・示し方から推察すると あの動画の内容は
    > 今後アンスポとして取り上げなさい!
    >
    > って事なんだろうと思います。
    >
    >
    > ショットの際の 少し悪気があったんじゃね?? (特に男子に見受けられる・・・)
    >
    > みたいなプレーは 積極的にアンスポでの処置がスタンダードになるんですかね〜
    >


    師匠!殿

    そう受けとりますよね〜
    違和感がなくなる日が来るのかなぁ。。。。
    グレードアップを進めてくれるクルーが居ないと自信無し(笑)
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■7554 / 親記事)  ポストのポジションで
□投稿者/ HND 一般人(1回)-(2018/04/16(Mon) 15:09:02) [ID:BXF00ENO]
    こんにちは
    いつも勉強させてもらってます

    過去に出てきたかもしれませんが
    ポストの後ろからのカットなんですが
    半身でポジションを取らずに真後ろから
    手だけ延ばしてパスカットするプレー
    必ず吹いています(吹くように教わった)
    でも明らかに接触の事実がなかったり
    本人も触ってないなどと主張することもあります

    これってファールですか?
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■7555 / ResNo.1)  Re[1]: ポストのポジションで
□投稿者/ おてんば娘の父 一般人(15回)-(2018/04/16(Mon) 22:13:09) [ID:XO0UV62g]
    No7554に返信(HNDさんの記事)
    > こんにちは
    > いつも勉強させてもらってます
    >
    > 過去に出てきたかもしれませんが
    > ポストの後ろからのカットなんですが
    > 半身でポジションを取らずに真後ろから
    > 手だけ延ばしてパスカットするプレー
    > 必ず吹いています(吹くように教わった)
    > でも明らかに接触の事実がなかったり
    > 本人も触ってないなどと主張することもあります
    >
    > これってファールですか?

    触れ合いの事実がないのであればファウルではないと思います。
    触れ合いの事実を確認せずにオートマチックにファウルとするのはいかがなものかと思います。
    ただ、接触の事実がないというのが、カットした際の手の接触だけを確認したのであれば話は変わります。よくあるのはカットしに行った際にポストマンの肩に後ろから接触したり、カットする反対の手をポストマンの腰にあてて押したりですね。そういうところもよく確認して判定したいものです。私もまだ余裕がなくて…。
引用返信
■7557 / ResNo.2)  Re[2]: ポストのポジションで
□投稿者/ 中堅コーチ ファミリー(171回)-(2018/04/17(Tue) 09:36:32) [ID:0CBxyUCV]
    No7555に返信(おてんば娘の父さんの記事)
    > ■No7554に返信(HNDさんの記事)
    >>こんにちは
    >>いつも勉強させてもらってます
    >>
    >>過去に出てきたかもしれませんが
    >>ポストの後ろからのカットなんですが
    >>半身でポジションを取らずに真後ろから
    >>手だけ延ばしてパスカットするプレー
    >>必ず吹いています(吹くように教わった)
    >>でも明らかに接触の事実がなかったり
    >>本人も触ってないなどと主張することもあります
    >>
    >>これってファールですか?
    >
    > 触れ合いの事実がないのであればファウルではないと思います。
    > 触れ合いの事実を確認せずにオートマチックにファウルとするのはいかがなものかと思います。
    > ただ、接触の事実がないというのが、カットした際の手の接触だけを確認したのであれば話は変わります。よくあるのはカットしに行った際にポストマンの肩に後ろから接触したり、カットする反対の手をポストマンの腰にあてて押したりですね。そういうところもよく確認して判定したいものです。私もまだ余裕がなくて…。

    おてんば娘の父さんと同じ意見です。
    接触の事実が無ければパーソナルファウルは成立しないので
    全部ピッピと吹いてしまうのはちょっと・・と思います。
    練習試合や練習中のミニゲームなどでDFの位置取りの指導という意味で
    なら分からなくもないですが、公式戦やカップ戦では見えないところからの
    判定はベンチからの信頼も無くしてしまうので事実は確認できる位置に
    いないと・・・とは思います。
    2パーソンでは限界のある角度もありますが・・・

    頑張りましょう((o(´∀`)o))


引用返信
■7559 / ResNo.3)  Re[1]: ポストのポジションで
□投稿者/ ひろ 一般人(6回)-(2018/04/19(Thu) 10:15:21) [ID:XPW1vYB5]
    No7554に返信(HNDさんの記事)

    プレイコーリング・ガイドライン(20180201修正)に記載のある。
    ・悪い手・腕・肘は、ディフェンスとオフェンスのリアクションではなくアクションに対して判定する必要がある。
    ・ディフェンスの悪い手・腕・肘:ポストディフェンスで、シリンダーを超えたアームバー

    とあるので、
    悪い手・腕・肘を放置すると、その後の試合(時間帯)でラフなプレーを引き起こす原因となるため整理しました。
    と説明できれば、ファウルで良いと思いますが、
    プストプレーは、オフェンス・ディフェンスのかけひきもバスケットの面白さなので、試合のレベルによって
    吹き分ければ良いのではと・・・。
引用返信
■7560 / ResNo.4)  Re[2]: ポストのポジションで
□投稿者/ おてんば娘の父 一般人(16回)-(2018/04/19(Thu) 12:41:23) [ID:XO0UV62g]
    No7559に返信(ひろさんの記事)
    > ■No7554に返信(HNDさんの記事)
    >
    > プレイコーリング・ガイドライン(20180201修正)に記載のある。
    > ・悪い手・腕・肘は、ディフェンスとオフェンスのリアクションではなくアクションに対して判定する必要がある。
    > ・ディフェンスの悪い手・腕・肘:ポストディフェンスで、シリンダーを超えたアームバー
    >
    > とあるので、
    > 悪い手・腕・肘を放置すると、その後の試合(時間帯)でラフなプレーを引き起こす原因となるため整理しました。
    > と説明できれば、ファウルで良いと思いますが、
    > プストプレーは、オフェンス・ディフェンスのかけひきもバスケットの面白さなので、試合のレベルによって
    > 吹き分ければ良いのではと・・・。

    プレー・コーリング・ガイドラインの判断はわかりやすいものと、難しいものがありますよね。
    私はルールブックとガイドラインを照らし合わせて毎日、自問自答です(笑)。
    アームバーについてなんですが、私の個人的な考えで申し訳ないのですが、HNDさんの質問のプレーに当てはめ、過度のアームバーによるファウルとするならば、ポストマンにボールが入る前にファウルを取り上げる必要があるのでは?と思います。
    こんな感じかな?と
    ポストマンに過度なアームバーでディフェンスしている。

    身体の触れ合いはないが、ポストマンのFOMに影響が出ており、ボールが入らない。

    ディフェンスに原因があるのでファウルとする。

    対して、HNDさんの質問のプレーは
    ポストマンの横のやや後方でボールカットを狙っている。

    ポストマンは自由に動ける中でポジションを取った。

    ディフェンスがカットを狙っているにもかかわらず、ボールを入れた。

    ディフェンスは手を伸ばしてカットしたが身体の接触はない。
    というオフェンスに原因があるプレーでは?と思います。

    いかがでしょうか?ご意見をお願いします。
引用返信
■7562 / ResNo.5)  Re[2]: ポストのポジションで
□投稿者/ 羽羽 軍団(148回)-(2018/04/19(Thu) 17:12:44) [ID:9RSvEBQT]
    No7559に返信(ひろさんの記事)
    > ■No7554に返信(HNDさんの記事)
    >
    > プレイコーリング・ガイドライン(20180201修正)に記載のある。
    > ・悪い手・腕・肘は、ディフェンスとオフェンスのリアクションではなくアクションに対して判定する必要がある。
    > ・ディフェンスの悪い手・腕・肘:ポストディフェンスで、シリンダーを超えたアームバー
    >
    > とあるので、
    > 悪い手・腕・肘を放置すると、その後の試合(時間帯)でラフなプレーを引き起こす原因となるため整理しました。
    > と説明できれば、ファウルで良いと思いますが、

    まずファウルの三原則の

    「接触」がないのでパーソナルファウルを説明するのは無理があるかと思いまし


    相手のシリンダー内だろうが後ろからだろうが、非接触をオートマチックに

    悪い手と判断しファウルを吹くのは少し乱暴だと思います


    基本的にアクションのみで判断するのは


    ハンドチェッキングの4項目だと教えられました



    その他の触れ合いはRSBQを考慮して判断


    まぁそれが難しいんですけどね(^_^;)



    > プストプレーは、オフェンス・ディフェンスのかけひきもバスケットの面白さなので、試合のレベルによって
    > 吹き分ければ良いのではと・・・。
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■7545 / 親記事)  規則の部屋
□投稿者/ 師匠! 仙人(370回)-(2018/04/12(Thu) 08:42:28) [ID:uEsv7mpq]
    2018/04/12(Thu) 11:19:29 編集(管理者)

    2018競技規則のファイルサイズが大きすぎて ダウンロード(閲覧)に時間を要していたようで ご迷惑をおかけしました。


    サイズを縮小しましたので 若干時間は掛かるかもしれませんが スムーズに閲覧出来ると思います。


    また それに伴い 以下のファイルも追加しました。


    【2018バスケットボール競技規則の発行】

    【JBAプレイコーリング・ガイドライン20180201】



    しかし新しい競技規則…


    これまでの知識と理解の上でないと成り立たないような 意味不明(解釈がわかれる)で曖昧な文言のオンパレードですね〜


    FIBA競技規則との対訳化…   ってことらしいですが…(苦笑)


    それはそれで構わないのですが…


    なんてゆーか…


    本当に バスケットボールの普及 および 正しいルールの理解 を考えているのかな?



    質疑応答なんてコーナーがあったら とても一日では終わらないような…(笑)


引用返信

▽[全レス2件(ResNo.1-2 表示)]
■7548 / ResNo.1)  Re[1]: 規則の部屋
□投稿者/ 羽羽 軍団(147回)-(2018/04/13(Fri) 07:55:07) [ID:9RSvEBQT]
    No7545に返信(師匠!さんの記事)
    > 2018/04/12(Thu) 11:19:29 編集(管理者)
    >
    > 2018競技規則のファイルサイズが大きすぎて ダウンロード(閲覧)に時間を要していたようで ご迷惑をおかけしました。
    >
    >
    > サイズを縮小しましたので 若干時間は掛かるかもしれませんが スムーズに閲覧出来ると思います。
    >
    >
    > また それに伴い 以下のファイルも追加しました。
    >
    >
    > 【2018バスケットボール競技規則の発行】
    >
    > 【JBAプレイコーリング・ガイドライン20180201】
    >
    >
    >
    > しかし新しい競技規則…
    >
    >
    > これまでの知識と理解の上でないと成り立たないような 意味不明(解釈がわかれる)で曖昧な文言のオンパレードですね〜
    >
    >
    > FIBA競技規則との対訳化…   ってことらしいですが…(苦笑)
    >
    >
    > それはそれで構わないのですが…
    >
    >
    > なんてゆーか…
    >
    >
    > 本当に バスケットボールの普及 および 正しいルールの理解 を考えているのかな?
    >
    >
    >
    > 質疑応答なんてコーナーがあったら とても一日では終わらないような…(笑)
    >
    >

    JBAのHPでも閲覧・ダウンロードが一般の方でも出来るようになりましたね


    これは大きな一歩だと思います



    私も質疑応答コーナー欲しいですね!



引用返信
■7556 / ResNo.2)  Re[2]: 規則の部屋
□投稿者/ 中堅コーチ ファミリー(170回)-(2018/04/17(Tue) 09:22:41) [ID:0CBxyUCV]
    No7548に返信(羽羽さんの記事)
    > ■No7545に返信(師匠!さんの記事)
    >>2018/04/12(Thu) 11:19:29 編集(管理者)
    >>
    >>2018競技規則のファイルサイズが大きすぎて ダウンロード(閲覧)に時間を要していたようで ご迷惑をおかけしました。
    >>
    >>
    >>サイズを縮小しましたので 若干時間は掛かるかもしれませんが スムーズに閲覧出来ると思います。
    >>
    >>
    >>また それに伴い 以下のファイルも追加しました。
    >>
    >>
    >>【2018バスケットボール競技規則の発行】
    >>
    >>【JBAプレイコーリング・ガイドライン20180201】
    >>
    >>
    >>
    >>しかし新しい競技規則…
    >>
    >>
    >>これまでの知識と理解の上でないと成り立たないような 意味不明(解釈がわかれる)で曖昧な文言のオンパレードですね〜
    >>
    >>
    >>FIBA競技規則との対訳化…   ってことらしいですが…(苦笑)
    >>
    >>
    >>それはそれで構わないのですが…
    >>
    >>
    >>なんてゆーか…
    >>
    >>
    >>本当に バスケットボールの普及 および 正しいルールの理解 を考えているのかな?
    >>
    >>
    >>
    >>質疑応答なんてコーナーがあったら とても一日では終わらないような…(笑)
    >>
    >>
    >
    > JBAのHPでも閲覧・ダウンロードが一般の方でも出来るようになりましたね
    >
    >
    > これは大きな一歩だと思います
    >
    >
    >
    > 私も質疑応答コーナー欲しいですね!
    >
    >
    >
    お久しぶりです・・・

    激務のためなかなか立ち寄ることが出来ず・・
    気がつけば新しい競技規則も発行されていて
    ここではその文言について早くも検討が・・・

    羽羽さん情報をもとに、早速JBAのHPからダウンロード
    しました。(JBA太っ腹ですね)

    携帯で見れるように保存したのでぼちぼちと読んでみたいと思います。

    <(_ _)>
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-2]






Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -