審判の悩み事

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

■8424 / 6階層)  終了間際の処置
□投稿者/ H野 一般人(2回)-(2022/07/30(Sat) 13:43:48) [ID:xxdR84Ad]
    No8423に返信(NBJさんの記事)
    > ■No8422に返信(モチさんの記事)
    > >>
    >>はじめましてモチと申します。
    >>最初の質問の趣旨と変わってしまい申し訳ないのですが、
    >>H野様の回答に「残り時間「0.0」でのフリースローは行われないことになっています.」
    >>とありました。
    >>これはルールブックのどのページに記載されているのでしょうか?
    >>勉強不足で大変申し訳ありませんがご教示ください。よろしくお願いいたします。
    > >>
    >
    >
    > >第8条の 競技時間、同点、オーバータイムの本文では言及なく
    >
    > >巻末の インタープリテーションの第8条の8-2、8-3、8-4、8-5
    >
    > >で、それらしきことが列記されていて ・・・・・
    >
    >
    > ルールブックの 20ページ の 第8条の 【 本文 】中ではなく
    >
    >
    > ルールブックの 124ページ の 【 インタープリテーション 】 の
    >
    > 第8条 競技時間、同点、オーバータイム の
    >
    > 8-2、8-3、8-4、8-5 です。
    >

    H野です.

    第8条8.8と8.9の条文は,次のようになっています.

    8.8
    ファウルが,各クォーターあるいは各延長時限の終了の直前に宣せられたときには,審判は,その時限の残りの競技時間を決定しなければならない.
    競技時間の残り時間は,最少でも0.1秒以上とする.

    8.9
    ファウルが,プレイのインタヴァル中に宣せられた場合は,その罰則としてのフリースローは,次のクォーターあるいは延長時限を始める前に行う.

    FIBAに質問したところ,
    「IRSのあるなしにかかわらず,インタープリテイションの規定を適用する」という回答をもらいました.

    したがって,
    「“昔”の解説」風に書きますと(笑),次のようになります.


    第8条

    解説
    ファウル(パーソナル・ファウル,アンスポーツマンライク・ファウル,ディスクォリファイング・ファウル,テクニカル・ファウル)が各クォーター,各延長時限の終了とほとんど同時に宣せられた場合は,審判は,IRSが準備されているかどうかにかかわらず,そのファウルがそのクォーター(延長時限)の終了よりも前(競技時間内)に起こったのか,終了よりもあと(競技時間終了後)に起こったのかを,できるかぎりすみやかに,決定しなければならない.
    この決定は,審判どうしで話し合って決定してもよいし,コミッショナーと相談しても,タイマーなどのテーブル・オフィシャルズの意見を聞いてもさしつかえない.
    IRSが準備されていて,なおかつ,IRSの使用が認められる場面であった場合(IRSの項目参照)は,主審の判断により,IRSを使用して決定してもよい.

    ●そのファウルがクォーター(延長時限)の終了よりも前(競技時間内)に起こっていた場合は,その時限は終わりとはならず,規則に定められたそれぞれのファウルの処置によって,ゲームを再開する.

      IRSを使用した場合,あるいは,IRSを使用しない場合でも,残りの競技時間が決定できる場合は,ゲーム・クロックの表示をその残りの競技時間にセットしてから,通常のようにゲームを再開する.このときの残りの競技時間は,少なくとも「0.1秒以上」でなければならない(第8条8.8).


      残りの競技時間がはっきりと決定できない場合は,残りの競技時間を「0.1秒」として,ゲーム・クロックを「0.1秒」(“00:00.1”)にセットしてから,通常のようにゲームを再開する.



    ●そのファウルがクォーター(延長時限)の終了よりあと(競技時間終了後)に起こっていた場合は,時限が終わっているので,そのファウルはなかったものとする.ただし,そのファウルがテクニカル・ファウル,アンスポーツマンライク・ファウル,ディスクォリファイング・ファウルであったときは,そのファウルはなかったものとはせず,プレイのインタヴァル中にテクニカル・ファウル,アンスポーツマンライク・ファウル,ディスクォリファイング・ファウルが起こったことになる(第8条8.9).

    いずれの場合でも,インタヴァルの時間は,審判の決定が示されてからはかり始める.

    そのファウルがテクニカル・ファウルであった場合は,次のクォーター(延長時限)は,インタヴァルが終わってから,相手チームに1個のフリースローが与えられ,そののち,通常の場合と同じように,オフィシャルズ・テーブルから遠いほうのセンター・ラインからのオルタネイティング・ポゼション・ルールによるスロー・インで始められる.
    このとき,ショット・クロックは,24秒にセットする.

    そのファウルがアンスポーツマンライク・ファウル,ディスクォリファイング・ファウルであった場合は,そのファウルは,次のクォーター(延長時限)は,インタヴァルが終わってから,相手チームに2個のフリースローが与えられ(フリースロー・シューターは,それぞれの規則による),そののち,このファウル(アンスポーツマンライク・ファウル,ディスクォリファイング・ファウル)の罰則によるスロー・イン(フロント・コートのスロー・イン・ラインからのスロー・イン)で始められる.
    このとき,ショット・クロックは,14秒にセットする.
    このスロー・インは,ファウルの罰則によるスロー・インであり,オルタネイティング・ポゼション・ルールによるスロー・インではないので,スロー・インが終わってクォーター(延長時限)が開始されても,ポゼション・アローの向きは変えない.
    これらのフリースローの間にファウルが起こった場合は,プレイのインタヴァル中に起こったファウルとして処置する(第8条8.9,第9条9.8参照).



    具体例 :
    第1クォーターの終了まぎわに,A1がショットをした.
    ショットされたボールが空中にある間に,第1クォーターの競技時間の終了を知らせる合図が鳴った.
    合図ののち,A1がまだ空中にいる間に,B1がA1にファウルをした.
    そののち,A1のショットのボールは,バスケットに入った.

    処置:
    B1のファウルは,第1クォーターの競技時間が終了したあとに起こっているので,なかったものとする.
    A1のショットは競技時間が終了する前にA1の手から離れているので,ボールはデッドならず,A1のショットによる得点が認められ,第1クォーターが終了する.


    失礼しました.
    H野より.





    >
    >
削除キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
←Re[5]: 終了間際の処置 /NBJ [ID:zNGvDPMW] →Re[7]: 終了間際の処置 /モチ [ID:C5vwvvgl]
 
上記関連ツリー

Nomal 終了間際の処置 / IKG51 (22/07/25(Mon) 19:24) [ID:TvpDkb2i] #8411
Nomal Re[1]: 終了間際の処置 / NBJ (22/07/27(Wed) 12:42) [ID:zNGvDPMW] #8412
  └Nomal Re[2]: 終了間際の処置 / A (22/07/28(Thu) 13:52) [ID:ml2qHaUM] #8414
    └Nomal Re[3]: 終了間際の処置 / H野 (22/07/28(Thu) 14:16) [ID:ml2qHaUM] #8415
      ├Nomal Re[4]: 終了間際の処置 / NBJ (22/07/29(Fri) 18:48) [ID:zNGvDPMW] #8421
      └Nomal Re[4]: 終了間際の処置 / モチ (22/07/30(Sat) 01:15) [ID:C5vwvvgl] #8422
        ├Nomal Re[5]: 終了間際の処置 / NBJ (22/07/30(Sat) 12:35) [ID:zNGvDPMW] #8423
        │└Nomal 終了間際の処置 / H野 (22/07/30(Sat) 13:43) [ID:xxdR84Ad] #8424 ←Now
        │  └Nomal Re[7]: 終了間際の処置 / モチ (22/07/30(Sat) 17:30) [ID:C5vwvvgl] #8426
        └Nomal Re[5]: 終了間際の処置 / H野 (22/07/30(Sat) 13:52) [ID:xxdR84Ad] #8425

All 上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信

Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -